オルビスでニキビケア

オルビスのウォータリーアイカラーのテクニック

オルビスリキッドタイプの化粧品。ウォータリーアイカラーはもう使ってますか?

まだこれからって人はオルビスウォータリーアイカラーの使用方法と種類、チェックしてみてくださいね。

オルビスのウォータリーアイカラーは使いやすいリキッドタイプで色は、
ミストホワイト、ピンクブルーム、スターリーベ^ジュ、ブルーラグーン、オアシスグリーン
の全5種類です。基本的な色ではありますが、これからの新色などが追加されてくると思います。

その使用法のお勧めは大きく分けて3種類。
・1色で明るい透明感のある目もとに仕上げる。
@チップを使い、チップの先でまぶた上にチョンチョンと数か所に付けます。
Aまぶたを指先で優しくなじむようになで、全体へリキッドを伸ばします。
B伸ばしたリキッドを指でポンポンと軽く叩くようにさらにのばし、瞼全体へなじませます。


・2色同時に使い、神秘的な色のグラデーションを生み出す仕上げ方
@ミストホワイトをまぶたから眉毛あたりにかけて全体に薄く伸ばします。リキッドの量は気持ち程度です。
Aまぶたの上に、オアシスグリーンを少しぬります。
B目の際にそってリキッドを伸ばします。
Cミストホワイトとの境目をめだたないように指でぼかします。

・パウダーアイカラーと使うことにより、オリジナリティあふれる合わせ技で仕上げる。
@ピンクブルームををまぶたから眉毛あたりにかけて全体に薄く伸ばします。
Aまぶたの上に、セピアブラウン(パウダータイプ)を重ねていきます。

あなたもウォータリーアイカラーをうまく生かして、ワンランク上のオシャレをしてみてはどうでしょうか?

オルビスでニキビケア

オルビスのリキッドアイカラー

オルビスのウォータリーアイカラーはリキッドタイプのアイカラーになります。

リキッドタイプだからこそのみずみずしい感触。目元にしっかりと馴染みます。
クリアで上質な輝きが続くのは、さすがオルビスです。

軽やかな感触で広がり、まぶたへ溶け込むリキッドアイカラー。
なじんだ後も、ベトつかず、すぐにさらさらになります。動きの多いまぶたでもよれよれになることはまず、ありません。

朝つけたはずなのに、夜までつけた手のつけごこち。

とにかく、サラッとした仕上がりなのでオルビスのウォータリーアイカラー使用だけでなく、パウダータイプのアイカラーを重ねることができます。リキッドタイプなのでパウダーの密着性・発色を効率よく高め、美しさを際立たせるリーサルウェポンになります。また、乾いた後も粉落ちしないので、コンタクトレンズをしていても、気にすることなく目もとのオシャレを楽しむことができます。

また、オルビスならではの、無香料、オイル100%カット!
同時にヒアルロン酸内包カプセル配合なので、保湿とお肌のハリにも効果アリ!!
敏感な目元に使う化粧品だから安全と品質を守りたい。
そんなオルビスのこだわりがここにあります。

私のお勧めです。

オルビスでニキビケア

オルビスのクレンジングリキッド

オルビスのクレンジングリキッドは、みずみずしくさっぱりとした洗い上がりが特徴です。

オイルカット100%の洗い流し専用のリキッドタイプ。クレンジング力が高く、オイルカット100%だからこその心地よい使用感。成分の30%以上が保湿成分というモイスチャーベース処方。ローズマリーエキス、メリッサエキス、ユーカリエキスの3つの植物性保湿成分が、メイクで覆われていた肌をケアします。少量の使用でも肌にやさしく洗浄力の高い植物性洗浄成分が肌に広がます。

また、肌を守るバリア成分はそのままにうるおいをキープします。
オルビスのクレンジングリキッドだから肌に負担をかけることなく、落ちにくいメイクも一度でしっかり落とします。
ノンコメドジェニックテスト(その製品を使用することでニキビ(コメド・面皰)ができるかどうか確認するテスト。通常、皮脂腺の多い背中を利用して行います。)をクリアしているので、ニキビ肌の方にもお使いいただけます。
手や顔がぬれていても使えるタイプなので、部屋はもちろん風呂場や洗面所でも活躍します。

オルビスのクレンジングリキッドは,ボトル入り150ml 、詰め替え用150mlが販売されています。
ボトルタイプの平均価格は1400円前後に対し、詰め替え用は1200円程度と200円もお得。
リピートする際にも経済的に優しい値段設定になっています。

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。